道を追い求める武道家...

 

両親を交通事故で亡くし傷を負った少女...

 

二人の出会い...。

愛知県豊橋市...空手道豊空会師範・高梨淳とその妻亜紀が訪れた、大きな木のある児童保護施設...そこでみた少女・里菜の涙...

豊橋名物・手筒花火。

その祭りに訪れていた高梨とその妻・亜紀、そして、高梨夫妻が施設から引き取った養女・里菜。

​家族の絆を築きつつある3人...里菜の心の傷も癒えつつあるように観えた...

...その祭りの最中、亜紀は姿を消した。

その後、亜紀は遺体で発見される。

突然の亜紀の死...

最愛の妻、最愛の母を失い...​

「自殺!?...どうして俺たちをおいて逝ってしまったんだ...。どうして...。」

自分を責める少女...​

「私が近くにいると...みんなを不幸にする...」

「里菜は...どうして心を開いてくれない...俺たちは...本当の親子にはなれないのか...」

失意...

「俺は...こんなにも脆く弱いのか...」

傷つき、心を閉ざす父と娘...

そして...

明らかになる闇の存在...

「亜紀は...」

「母は...」

「殺された!?」

襲い来る闇...


 

怒り、憎しみ...そして...

「俺は...」

「私は...」

​強大な敵の前に倒れる高梨...絶体絶命の二人...

​二人の未来は...闇か...それとも...

高梨の放つ拳が切り開く

   それぞれの未来とは!?